製品案内

生活習慣病関連骨粗鬆症
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

生活習慣病関連骨粗鬆症

近年、糖尿病・脂質異常症・高血圧症・慢性腎臓病などの動脈硬化を引き起こす疾患が
骨代謝に影響を及ぼすことが明らかになりました。
糖尿病と慢性腎臓病によるものは「生活習慣病関連骨粗鬆症」として確立され、
骨量減少の早い段階からの治療が必要です。


生活習慣病関連骨粗鬆症

骨質(骨梁構造)の劣化へ関与
生活習慣病のイラスト1生活習慣病のイラスト2

骨質劣化の原因

酸化ストレス増大や糖化が進むことにより、
骨基質のコラーゲン分子間に老化した架橋が増加することが原因です。

(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版)



前へ 1 2 3 4 5 6 次へ


Copyright (C) RBS Co., Ltd. All Rights Reserved. ※当ホームページに掲載されている画像を無断で転載、複製することを禁じます。