製品案内

コラーゲンって何でしょう?

1.

人体の全タンパク質の約30%を占めるコラ−ゲンは、皮膚(全コラ−ゲン量の40%)・骨や軟骨(全コラ−ゲン量の20%)・血管や内臓その他殆どの組織に存在する繊維状のタンパク質で、人体の構成に欠かすことのできない重要なタンパク質のひとつです。


2.

コラ−ゲンは、細胞の間を埋めて他の糖タンパク質と共に細胞間マトリクスを形成し、私達の体の細胞や細胞が構成しているさまざまな臓器・器官を正しく形作ります。

3.

コラ−ゲンは皮膚に存在する繊維芽細胞、軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などから造りだされます。

この様に、私達が生きていく上で欠かす事のできないコラ−ゲンも、20歳を過ぎる頃から急激に減少し、コラ−ゲンの新陳代謝も衰え始めます。そして、加齢と共に新しく作られるコラ−ゲン量も減少し、血管が硬くなったり、関節が強張ったり、肌は弾力性とみずみずしさを失ったり等々、全身に様々な障害が起こり「老化」が進みます。

フィッシュコラーゲン ピュアシオン R の特徴

ピュアシオンRは、ヒドロキシプロリンの含有量がとても多い高品質なコラーゲン
(ヒドロキシプロリンの含有量 : 11.4%)

コラ−ゲンは、他のタンパク質に比べアミノ酸組成や配列が特異的で、ポリペプチド鎖3本が右巻きのヘリックスを形成し、安定した構造を保っています。
このコラ−ゲン特有の安定したヘリックス構造は、ヒドロキシプロリンがなければ形成されないため、ヒドロキシプロリンの含有量が、コラ−ゲンの質を判断する目安となると言えます。



コラーゲンに含まれるヒドロキシプロリンの機能は上図のようなファスナーの歯の役割に似ています。


フィッシュコラーゲン ピュアシオン R のアミノ酸組成





Copyright (C) RBS Co., Ltd. All Rights Reserved. ※当ホームページに掲載されている画像を無断で転載、複製することを禁じます。